お知らせ

INFORMATION
  • 2013.04.30
    CSR

    新山下営業所に太陽光発電パネルを設置しました。

自然エネルギーの活用と地球温暖化対策推進の為、この度新山下営業所の屋根に太陽光発電パネルを設置致しました。今回設置したパネルは屋根面積約5,000坪の内3,000坪、総パネル数5540枚です。

 

弊社の太陽光発電量をそれぞれの値に換算しました。すると・・・・

◆火力発電所で消費される石油に換算:年間199,545L分の削減に相当。
※ポリタンクで11085.8本分、ドラム缶だと997.7本分に相当する量です。

◆石油燃料の燃焼時に排出される二酸化炭素に換算:年間293,604Kgの削減に相当。
※これは822,112㎡(東京ドームの約17倍)の森林の二酸化炭素吸収量に相当します。

屋根を利用する太陽光発電によって、これほど多くの削減に寄与することができます。
企業活動を行うにあたり、エネルギーの消費を行うことは切っても切れない問題です。しかし、エネルギー消費量を削減する努力を行い、太陽光発電による再生可能エネルギーを作り出すことによって、弊社が企業活動を行いながら地球環境に貢献できることがあります。
人と未来をつなぐため、弊社はこれからも地球環境の保全を推進して参ります。