ブログ

BLOG
  • 2022.03.01
    ブログ

    業務品質向上しかない!

弊社では21年前から国際標準化機構(International Organization for Standardization)が発行した品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001の認証を取得しています。
ISO9001は組織のマネジメントに関する規格です。倉庫業を中心に物流サービスを提供する弊社にとっては、既存のお客様にご安心いただくため、新規営業活動中の企業様に対しては「任せて大丈夫だろう」と思っていただける利点=効果があると考えます。
本年1月25日から28日の4日間で行われたISO9001認証更新審査にて、不適合0件、改善事項0件との審査結果を受けました。普通であれば「良かった」で終わるのでしょう。しかしながら、私が審査を受けた際(私は経営者ですが、品質管理責任者でもあります)、審査員からの評価、お言葉に強く危機感を感じました。
そのため、全社の品質管理を行っているQMS推進部と相談の上、営業倉庫の部門長全員に対し緊急で品質向上のための研修を開催することを決定しました。先週金曜日に朝8時から3時間以上をかけて研修を実施しました。

私の想いを伝えることから始め、ISO9001に関する認知度テスト、1月の更新審査の結果を踏まえた「おさらい」、誤請求書を発生させないための講義等、盛り沢山の内容で実施しました。
言いたかったことは、「お客様の期待を超える物流サービスをご提供できなければ、お客様から選ばれなくなり、弊社は衰退していく」ということです。
正確な入出庫業務、流通加工業務を日々実施し、棚卸時には在庫差異がゼロであることは当たり前にしなくてはいけません。倉庫業務に従事する者は心配症でいて欲しい、そして心配に思う事項が発生したら、必ず作業工程を遡り確認するようにして欲しい。「まっ、いいか!」と判断し何もしないのは罪であると思っています。

倉庫業界では機械化、デジタル化が急速に進んでいます。お客様に機械化、デジタル化のご提案をするにしても、その時までに「信頼」を重ねていかなければ一歩も先に進みません。
お客様からもっともっと信頼していただける会社になるため、常に圧倒的当事者意識を持ち品質向上に取り組んでいきます。