ブログ

BLOG
  • 2014.01.30
    other

    BADDEST!

先週いつも大変御世話になっている株式会社ドーム様の「ドーム キックオフパーティ2014」に出席させていただきました。本年のサブタイトルは「BADDEST」です。BADDESTはスラングで非常に悪い、非常によい、とても偉大である、等の意味があるようです。当日は黒または白いマスクが来場者に配られ、新木場のスタジオコーストは数百名の大人達で埋め尽くされました。 安田社長様の絶妙なトーク、契約アスリートの紹介、一言コメント、2014新作ファッションショー、エンディングは今手専務様を中心とした一世風靡セピア「前略、道の上より」の熱唱(本格的な踊り付きで、すごく格好良かったです)。
最初から最後までチャレンジすることの大切さ、大きな夢を持ち続けることの重要性を発信されていました。安田社長様のお話の中で、カレッジバスケットボールのコーチ、ジミーバルバーノ氏のスピーチ(1993年3月4日収録)がスクリーンで上映されました。ものすごく感動したので下記します。

我々は、毎日3つのことをすべきだと思います。生きている限り、毎日、すべきことです。
まず第一が笑うこと、毎日かならず笑うべきです。
第二が考えること。じっと考える時間が必要です。
そして第三が涙を流すほどに強い心の動きを覚えること。幸せや喜びの涙だってありますからね。
…さて、ちょっと考えてみてください。笑って、考えて、泣いたら、一日が終わってしまうでしょう。…ガンは私の体から力を全て奪うかもしれません。でも、私から意思を奪うことはできません。心を奪うこともできません。魂を奪うこともできません。この3つは永遠に絶えることないのです。…皆様に神のご加護がありますように。
 
全身ガンに侵されたジミーバルバーノ氏の言葉はものすごいパワーと重みを持っていると思います。改めて日々「生」に感謝しないといけないですね。そして、我々は永遠に絶えることのない意思、心、魂を持っていることを再認識し、この3つを少しでも高める努力をすることが生きているうちに絶対にすべきことだと思います。残念ながらジミーバルバーノ氏はこのスピーチの56日後に天国へ旅立たれました。心よりご冥福をお祈りします。
 
最後に当日の写真を披露します。当社の中根さん、湯浅君も一緒に大いに楽しませていただきました。BADDEST!

ドーム様、キックオフパーティ2014にご招待いただき本当にありがとうございました。沢山の刺激を受け一層ドーム様のファンになりました。今後とも宜しくお願い申し上げます。