ブログ

BLOG
  • 2014.04.21
    other

    「希望の花」咲く!

昨年6月より会長を務めております倉庫業青年経営者協議会は執行部の皆様のリードにより一段と活性化しています。今や毎月必ず全国のどこかで分科会や懇親会が開催されている状態です。嬉しいですね。

この1~2週間で新たな嬉しい知らせが届きました。
昨年3月に会員から募った義援金で購入したコブシサクラ他を醍醐前会長が東日本大震災で被災した福島、宮城の会員企業の土地に植樹をしたのですが、福島、宮城の仲間から「開花した」、「開花しそうだ」との嬉しい知らせが届きました。

小さなコブシが咲きました!感動です!

小さなコブシが咲きました!感動です!

 
大震災直後から会員企業より募った義援金は相当な額になりました。第一弾として宮城の企業を中心に義援金をお見舞いとして贈呈しました。
残った義援金をどのように使うかについては、何度も検討を重ねた結果、大震災からの1日も早い復旧・復興と「いつも我々も応援しています」という想いを込め、サクラ等を植樹することにしました。醍醐前会長は福島~宮城をお供の東日本倉庫馬場社長と回りすべてご自分で植樹されました。それが、早くも開花したのです。一部の品種では1年目に花が咲くことは稀だそうですが、開花したのです。嬉しい奇跡です。

白石倉庫様に植えたエドヒガンです!

白石倉庫様に植えたエドヒガンです!

 

小さな命に感動ですね!

小さな命に感動ですね!

 

宮城 協和運輸倉庫さんではシダレサクラが咲きました!

宮城県の協和運輸倉庫様ではシダレサクラが咲きました!

被災した会員企業各社の復興、業績回復、更なる発展を祈念しております。
一つ懸念していることがあります。日本にとって大変光栄であり喜ばしいことである2020年東京オリンピック開催決定は、復興を遅らせる可能性があることです。ここ1年人手不足が各地で問題になっていますが、一層人手不足が深刻になることは必至です。人手不足+人件費高騰の逆風の中どのように会社の舵をきっていくかが勝負になります。
私たち倉庫会社は人を沢山使い、沢山必要とする仕事が多いですが、省力化を推進する必要があります。また、今まで消極的であった外国人の雇用にも積極的にトライする必要も感じています。倉庫業青年経営者協議会でもこの問題をテーマとして取り上げ、皆で意見、知恵を出し合い、会員企業各社の経営に役立つような対応策を導き出していきたいと思います。