ブログ

BLOG
  • 2018.07.17
    other

    未曾有はもうやだ!

全国的に連日猛暑日となっており、体温を超えている場所も出た程です。
私の田舎岐阜県では、最高気温が39度を超えました。異常ですね。
ここまで暑いと私としては神様に「試されている」と思えてきます。
つい1週間前には未曾有の大雨に西日本が苦しめられたばかりです。
我々は自然災害が起こらぬよう祈願するしかないのでしょうか?

東北大震災以来、「未曾有(みぞう=今まで一度もなかったこと、極めて珍しいこと)」という言葉をよく目(耳)にするようになったと感じています。
世界的には人口が増え、機械化が進み、天然資源を大量消費し、自然を破壊するような取組み、事業も数えられないくらい進められています。
全ては人間がもっと幸せに便利・快適に生活したいという欲求(条件)を満たすためのものです。その代償(トレードオフ)として未曾有の自然災害が多発しているのだと思います。

これからも人間が平和な地球に暮らし、宇宙で他の惑星と共存していくために義務として「しなければいけないこと」、「守らなければいけないこと」、「何か忘れていること」を見つけ出し、しっかりと義務を果たしていかなければいけないと思います。
自然に関する「未曾有」という言葉を目にしたりニュースで聞かないことを祈ります。

*世界の最高気温を調べてビックリです。1913年7月アメリカ カルフォルニア州デスヴァレーで記録した56.7度が世界最高気温です。
ここ2年では、2016年7月、クウェートで最高気温54度を記録しました。