ブログ

BLOG
  • 2020.01.14
    ブログ

    今さらですが箱根駅伝!

今年の箱根駅伝は予想に反して青山学院大学がぶっちぎりの大会新記録で完全優勝を果たしましたね。
1月2日は会社の皆さんとの初打ち(ゴルフ)だったので、夜にyoutubeでダイジェスト版を視聴、翌日は生放送を視聴しました。

1月2日に初打ちをしました


職業病なのか立場がらなのか、監督の采配、チーム育成にすごく興味があります。
ダントツの優勝を遂げた青山学院であれば原監督の「やり方」にすごく興味があります。
もともと原監督は「どうすれば夢が実現するのか?」の問いに対して、「できる理屈」を自分で考えさせ、それを積み上げさせることを学生に繰り返させてきました。
原監督は答えは出さずに、出るまで待つそうです。我慢強いですよね。
選手自ら「ああしたい」「こうしたい」と発信できるようになればしめたもの、その時点で自立心が生まれているそうです。
壁にぶち当たっても「できる理屈」で解決できるようになるそうです。
しかしながら今回優勝したものの、昨年夏までは怒りっ放しだったそうです。
監督とぶつかり、分かり合えずに辞めた部員も出ました。それでも最後には結果を残したのです。
賛否あるようですが、私は原監督を尊敬します。

「進化を止めた時点で退化」

今回の駅伝前後で私に一番響いた原監督の言葉です。
実は私も経営に携わるようになったこの15年前から常に同じ想いでいます。